ホビーの一日(趣味三昧)

6月は衣更え

6月は衣更えの季節です。
毎日着物習慣をし始めてみると、こよみが気になります。

5月になってからは暑い日も続くので,既にお着物は単衣のものを着ていました。
襦袢も半襟も6がつからは夏物に変えるので箪笥の中から引き出したり、今まで着ていた長襦袢を洗濯したり、着物の衣更え仕事までも増えています。

長襦袢も半襟も6月は夏用の麻や絽の布地のものに変えます。
今年新しくゲットした夏用の小物、京都のきねやさんの麻の足袋と博多織の紗の伊達締め。
とりわけこの夏用の紗の伊達じめは涼しくてしっかりハリがありとてもおすすめです。
そして帯枕や帯板もヘチマ素材のものがあり、涼しいので私は夏も冬もこのヘチマ素材を愛用しています。

足袋と伊達締め

毎日の着物ともなると着物の下に身につける小物や下着にごく自然に目がいくようになりました。
これから暑い夏に向かうと足元は通気性の良い麻の足袋。そして伊達締めも紗でできたものがあるとは今まで気が付かず着物屋さんの勧めで今年はじめて使い始めました。
この伊達締め冬でも通気性が良いから使いたいぐらいで、普段着けている半幅帯の間に帯板を入れなくても帯がピンと張る効果もありちょっと感激しています。

ミンサー織り

着物の自撮りってやはり難しいですね。自撮り棒の必要性をひしひしと感じています。
今日のコーディネートは単衣着物に日本橋竺仙の手織りミンサー織りの帯。帯締めは三分ヒモで焦げちゃ色と若草色のリバーシブルなので今日は焦茶の方を使っています。

普段着での着物だと帯も半幅帯で結び方も貝の口と言う男の人の帯の結び方と同じやり方。すぐ結べるのであっという間に着替えは終わります。

着物は足元が冷えないので、超冷え性の私には冬も足元ほかほかで夏はクーラーの効いたお部屋の中でも冷えずに快適に過ごせて,これからはずっと手放させない生活の一部になるでしょう。

六義園のツツジ

六義園の挿木教室で、園内にあるツツジの挿木をして持ち帰った「花車」という種類が今ちょうど花盛りです。
挿木をして以来すぐ翌年には花を咲かせるという,とても元気者のツツジで立派に育ってくれていてそろそろ庭に地植えしようかと考えています。

花車

花車は花びら一枚一枚が独立しているのが珍しくその細い花びらがなんとも優雅です。

花車アップ

そして花車とよく似た色合いの紫琉球も今年はたくさん花をつけてくれました。

紫琉球

とりわけ今年は例年になく威勢よく花をつけた八重大山霧島。色が紅くて可愛らしく八重なのでツツジらしからぬ風情が特徴です。
本霧島という種類も挿木をしたのですが、これは貴重な種類で育ちにくく、うちではわずか2本しか育ちませんでした。おまけに花も一度も咲かずご機嫌を取るのが難しくてとりあえず枯らさないように大事に育てています。花はこのツツジと同じような紅い色で八重ではなく、同じような大きさの小さな花のツツジです。
六義園にいらっしゃればご覧いただけるでしょう。

八重大山霧島

あしかがフラワーパーク

国の天然記念物の巨木の藤の木があるあしかがフラワーパークにはじめて足を運びました。
今年は初めての経験が多い国内各地詣で。

今週の水曜日から始まった足利フラワーパークの藤棚のライトアップと聞いて、早速平日の夕方車を飛ばして片道1時間半で行ってきました。
まだ満開ではありませんでしたが、古木の強大さに目を奪われました。

巨木の藤の木

そして巨木だけでなくあちこちに藤棚の回廊がありとても美しいフラワーパークでした。
下は満開だった薄紅色の藤の花。そのほかにも5月以降に花開く白い藤やイエローの藤と藤の花だけでも5月以降もずっと楽しめるようです。

薄紅藤

そして私の大好きなツツジもびっくりするほどの花付きで美しい姿。ツツジ山になっています。

ツツジと藤

そしてこのフジの壁は圧巻です。別の場所には同じような白いフジの壁があるのですがまだ花が咲いていないのでこの7分咲きの紫の藤で我慢。
フラワーパークという名にふさわしくイギリス風の庭園のしつらえで、花たちの成長を促すためにクラシック音楽が流れて優雅な気分です。

フジの壁

1087A839-A4FC-4DE8-8B22-51D0F1D9C26C.jpeg カラー

あちこちに休憩できるオープンスタイルのヨーロッパ風のコテージのような飲食施設もあり、皆藤のソフトクリームを食べていました。せっかく栃木県の佐野藤岡インターで降りたのでどうしても佐野ラーメンが食べたくなって夕飯がわりに私はラーメンをいただきましたが、麺が手打ちでサッパリ醤油味と美味でおかわりしたくなるほどでした。

水辺もあり、散歩するのにはとても気持ち良くかなり広い敷地です。そして京都と同じで今までは外国人観光客で満杯だったとの事。行くのは今年がチャンスなのかも。
牡丹の花もまだ蕾だったのでこれからこの庭園はますます美しくなりそうです。

水辺の植え込み

日本橋でお蕎麦

オーストラリアから3年ぶりに海外でお世話になった友人が帰国して、日本橋まで昼食を共に。
シドニーからの帰国で現地には蕎麦屋さんが一軒しかないと言うことで、更級そばが美味しい日本橋三越前にある利休庵で個室を予約。

人気の蕎麦屋なので午後の一時でも三階まであるテーブル席はとても狭いのに隙間なくパンパンに満席。

私なんぞは感染リスクにに怯えてしまうので個室をお願いして良かったあ、と。

利休庵 個室

納豆蕎麦も美味との事ですが、今回はおろしそばで、薬味を入れてあっという間にご馳走様でした。
普通席は3時までやっているので午後1時半を過ぎてから行くのが混雑緩和でベストかも知れません。

おろしそば

家康が愛した万年青 春の手入れ

この4月にもまた万年青の手入れと展示会がありました。
徳川家康の故郷愛知県岡崎市から年2回、万年青の園:宝生園さんが市川市にある神社にやってきます。

江戸幕府開府となり、家康が江戸城に引っ越した際に家臣が子孫繁栄を願って家康に贈ったのがこの万年青。
そして家康がたいそう気に入り、おもとを大変愛したそう。
それがきっかけで江戸市民の間では万年青の大ブームが起こったと言われています。

岡崎の宝生園さんはもともと文京区にあってその後戦前まで市川市で営んでいたそうですが、
戦後は廃墟と化した東京近辺を逃れご縁のある岡崎市にお引越しなさったそうです。

さて秋の手入れでは鉢の入れ替えとかするのですが、春は健康状態が良いかどうか先生にチェックしてもらいます。
幸いマイ万年青は順調に育ち、さくらの花がすっかり散り終わったらこれから夏まで毎月一回たっぷり肥料をあげます。

My万年青

葉蘭のように大きいサイズの万年青は最近中国でも人気があり、中国人のバイヤーがたくさん購入して中国に送っているようで、今回もたくさん購入していました。

大きめ万年青 大きいおもと

コチラ下の画像は大きくなっても手の大きさ程度が最大で、もっと小さく人差し指程度しか大きくならないものもあります。それぞれ登録品種や名前があり、育てるのが難しい高価なものが多いです。

小さい万年青

自宅の庭で今まで自生している万年青を4本見つけ今日偶然にも藪の中でもう一点発見。
雑木を伐採したので見つかりました。
元々50年前に実家を建てて引っ越してきた際、やはり引っ越しのお祝いでいただいた万年青の鉢があり、そのおもとに付いた実を鳥が食べて庭の中で自生したようです。

万年青

秘湯での身体の癒し

本年はこのまま感染再拡大しない事を予想して5月の連休に連続速習コースを行う予定で準備しています。

そのためにもなんとか骨折して弱り果てた腕の筋肉を取り戻そうと、ショップをお休みして湯治にやってきてしまい、ただいま帰路についています。

行基による開湯1200年のお湯で、源泉掛け流しのラジウム泉です。

開湯1200年

宿泊したのは唯一源泉が地下から湧き出ている400年の歴史を持つ自在館というお宿。きっと10日から2週間ぐらい本格的に湯治しないと腕のテニス肘には頑固な模様。それでもずっと良くなっているのがわかります。
大正時代の建物も残っていて宿泊もできますが、障子の違い戸がお部屋の出入り口で寒そうだし女性には不向きかも。

大正時代の建物

今はまだ雪深く下は谷になっていて雪解け水が音を立てて流れていきます。その水の音と大木の杉の木が心を癒してくれます。

雪深い山中

谷の真上に立つ宿なのでホールや食堂からは雪景色の山々が一望できます。

ホール ライブラリー

下の画像は滞在中仕事上の通信アクセスの関係で使っていた私のお気に入り机。解け始めている雪山を見ながらの仕事のひとときは最高な贅沢です。

お気に入りの場所

唯一ある露天風呂が1番温度が高く45分間の予約制。
毎朝5時ごろには入浴し始め、1日3回。36〜7度というぬるいラジウム泉が基本なので1時間以上浸かるのが良いのだそうです。
そのため1日があっという間に過ぎていき、これが湯治なのかなと、はじめての経験ですが感無量。

露天風呂

飲泉も出来るので携帯用マイカップも持参。ぬるいので汗をかくこともなく本を読みながら浸かっているか寝たふりをしているか。笑!

浴室撮影は御法度にて画像はありませんが、皆様音を立てず無言で静寂この上ない。初日私はマスクをして入浴しようとしましたが、違和感を覚え取りやめ。
温泉の温度が低いので浴室内でも目が悪い私の大事なメガネは曇らずをはずす必要なく助かりました。

お食事もデトックスとなるような優しいお野菜中心お魚の献立。1日2食なのに太ってしまうとは…。

静かでおしゃべりすることなく温泉に専念でき、次回もまた連泊で来たくなる温泉でした。

家族のバースデーイベント

家族イベントとはヨーロッパ在住時以来ずいぶん遠ざかっていました。

子供たちそれぞれが学生から就職と、忙しい日々が続き,所帯を持ったりすると今度は家族が増えて,ようやく家族イベントがまた盛り返してくるようです。

私たちが海外在住中にできたディズニーシーですが、一度も足を踏み入れたことがなく、私からのリクエストでバースデーイベントとして家族揃って出かけることに。

それぞれ仕事があるので午後にバラバラに現地集合。
アトリエからは舞浜駅までのアクセスが30分ほどなので電車で到着後、ディズニーシーまではミッキー窓のディズニーリゾートラインに乗車してランドの外観を見ながらキョロキョロ。
子供たちが小さい頃は一時帰国の度にディズニーランドにはお世話になりました。
そしてTOKYOほど広くはありませんが、パリのディズニーランドにもよく出かけた事を思い起こしています。

train ミッキー窓

駅を降車したところ、先に到着していた家族にこんな形で出迎えられました。今流行っている被り物のようです。私にはミニーの耳のカチューシャを付けるようにとの指示。
当日寒かった事もあり、もちろん普段の毎日着物を実践しているので、着物でミニーマウス。

お出迎え

竈炭治郎のお陰で若い人には着物姿がカッコ良く映るらしく、白髪混じりにミニーの耳に着物のコーデはクールとか言われてちょっと有頂天気味。
ディズニー映画もあまり見ていないのでどこの誰だかわからないキャラクターが写真ご一緒してくれました。
しかしながらキャラクターとの写真撮影は感染防止のため、これでも3m以上離れて撮影。どんなにお顔が大きいか想像できますね。

?さんと

もう2年仕入れにヨーロッパに行けず、今年も無理な気がします。
しかしこのディズニーシーの街並みは本当によくできていて、まるでフィレンツエに行ったみたい。

イタリアの街並み

ベネチアのゴンドラ乗り場に行く道すがら、この景観もまるでベネチアのようで日本にいるとは思えない雰囲気。
ゴンドラに乗船しましたが、道ゆく人たちにチャオー!と言って手を振って下さいとの係員から促されます。手を振るのがディズニー挨拶らしい。

ベネチアとゴンドラ

そして圧巻だったのがこのイタリアの建物群の夜景。素晴らしくよくできています。
日本の都市の街並み景観、ディズニーに倣ってほしいですね。
建物や橋などのイタリア風の仕上げは、モルタルに樹脂加工して作ってあるのだとアトリエの講師でもある建築家の生徒さんが教えてくれました。
何度も触ってみたりと、私も興味津々だったのでモルタルだったら日本家屋にも応用できると何やら嬉しいやら。

イタリアの夜景


最後はポルトガルをイメージしたマゼランというレストランでお開き。
食材も新しくなかなか美味しくいただけました。
お食事も良かったのですが、内装も全く日本とは思えない雰囲気で、ここでもヨーロッパ気分が味わえてディズニーシーはとっても気に入りました。

夕方からはなんだか大混雑。小学生や中学生が日暮れからどんどん押し寄せて来て不思議な空間に変わっていました。

レストラン マゼラン

毎日着物

余程の用事がない限りほとんど毎日着物を実践中。足元が暖かく、超冷え症の私には最高の居心地。昨日は用事でジーパンを久しぶりに履くことになったものの、なぜかすっかり冷えてしまい、夜にはお腹ゴロゴロ。
三寒四温の真っ只中油断禁物です。

自撮りの着物コーディネート写真は結構難しく、ようやくスマホなら上手く撮れることが分かり現在お試中です。

一昨日の墓参りで着ていった亡母の小紋着物。三分紐に琥珀の帯留め。
帯留はこの締めている帯を購入したときに帯屋さんがピッタリ合うから差し上げる、と頂いたもの。
随分太っ腹の帯屋さんでした。

毎日着物 小紋

一昨日前の紬の着物。半襟と半巾帯のカラーを合わせてみました。
毎日着物 紬 紫

半衿と帯とのコーディネートがポイントの着物なのですが、下は本日着ている木綿の久留米絣を撮ろうとiPadを使用したところこれ以上の上部の襟元までは、色がハレーションを起こし撮れません。
珊瑚の色も褪せて写っています。

やっぱりスマホですね。ただ、スマホから画像アップすると、加工をしてない場合縦横が知らない間に動いて垂直写真にならなかったり、と。
便利な世の中ですが何でもやすやすとは行かないようです。

八重山ミンサー織半巾帯と3分ヒモにサンゴの帯留め。
毎日着物 久留米絣

上野の都美術館でやっていたゴッホ展を見ていた時、キャンバスの中のカラーコーディネートは着物と帯、小物との組み合わせに相通じ、なんだかひどく納得した事を思い出しました。
浮世絵を見てもまさに浮世離れしていてカラーコーディネートはあまりピンとこないのですが、案外外国のカラフルな油彩の方が大いに参考になるようです。

着物を着ることはもちろんカルトナージュの色のコーディネートにも役立ちます。

そして着物が汚れないよう単衣の中古のざっくりとした織り上がりの小千谷紬の裾と袖をジョキジョキカットして縫い合わせ、打ち合わせ式の割烹着を作り、アトリではこれを羽織って作業しています。
裾までも長い割烹着なので着物も汚さず冬は暖かく、このまま外にちょっとお買い物に出ても寒さ知らず。
オンライン上では中古着物が可哀想なぐらいの破格の価格で出ているのでこの機会にカルトナージュ用にご利用されるのも一案です。

割烹着

フランソワ ポンポン展

昨年京都で開催していた彫刻家のフランソワ ポンポン展がようやく関東にもやって来ました。

関西にお住まいの生徒さんから聞いていて、是非見に行きたいと思っていたので彫刻を趣味としている友人と一緒に佐倉市まで行って来ました。
ついでにかねてより訪れたかった国立民族博物館にも足を運び、運良く皇女和宮のお雛様飾り展示も見ることができました。

佐倉市は城下町だった事もあり、趣のある古い建物が残り、今回は見に行けませんでしたが武家屋敷などもあり、のんびりと散策できる静かな雰囲気の街でした。
とりわけ城跡の中を散策しながら、かつての城内に建つ国立民族博物館まで辿るのもとても健康的で、脚の悪い私でもゆっくり無事歩き通せました。


フランソワ ポンポン展開催中の佐倉市立美術館の外観。一階のカフェのイタリアのパニーニのようなお野菜たっぷりのパニーニサンドと飲み物もモダンでおしゃれで美味しい!お隣に住んで毎日お昼に通いたいぐらい。

佐倉市立美術館

残念ながらサントリー美術館のように写真撮影OKではなかったので作品画像は撮れませんでした。

フランソワ ポンポン

かの偉大なロダンのもとで研鑽を積んだフランソワ ポンポンでしたが、当初はロダンの影響もあり人物の彫刻作品作りを目指していたものの,その後動物を愛した彫刻家として名を馳せています。

作品の美しいラインにウットリしてしまいました。

通り沿いの風情を残す建物を見ながら、この後国立民族博物館へ。

道路沿いの建物

皇女和宮のお雛様。お顔が現在のものとは違ってふっくらしています。

和宮のお雛様


お雛様

お姫様の身の回りのお道具のミニチュアは雛飾りの一つなのですが、膨大な種類です。
どのお道具もとても精巧に出来ていて手のひらサイズ。

お飾り

ありました!お香道具も。もともとお香道具は小さなものなのに、こんなに小さく精巧に作るなんて…。

香道具

感激したのはこのお蕎麦のセット。手のひらに全部入ってしまう大きさなのですが精巧なので思わず拡大して撮影してしまいました。
公家のお姫様もお蕎麦を召し上がったのかしら?蕎麦文化って関東ですよね。

蕎麦猪口セット

近郊のお楽しみ観光再開

なるべく毎週末には近郊の空気の良いところに出かけてストレス発散を心がけていましたが
突然の足の故障でやむなくアトリエに出かけるぐらいしかできなくなっていました。
今週は無理はできないもののだいぶ歩けるようになってきたのでいちご狩りに車で成田まで。

都営浅草線の吊り広告で見たJAL cargoのいちご農園でいちご狩りに申し込み。
じゃらんで受付は扱っているとかで10:00開始の一番早いプランで30分食べ放題、お持ち帰りなし。

お土産に持って帰りたい場合は別に箱入りになって準備されているものがあるのでそれを購入するのだそうです。

strawberryhouse

ハウスの中には5種類の苺がありどれから食べても良く、コーヒー紙コップのLサイズのような真っ赤なプラスティックカップを渡され摘み取ったイチゴを入れてミニテーブルで食べて行くといった具合。
人生初めてのイチゴ狩りでした。
ハウスの中に入れる人数も少ないので広い中ガラガラで人と触れ合うことなど全くなく安心です。

まずはやよいひめから。

yayoihime


ヤヨイヒメのイチゴたち。最初は大きな苺ばかり摘み取り食べるのが大変でした。
yahoihimeberry

次はカオリノ。もう細かい味の違いは忘却の彼方。
kaorino

少し学習して小さい実と大きい実を一種類で混合して味比べ。小さい方が甘くて美味しい場合もあり、品種によっては大きいサイズの方がコクがあったり。今となってはどれがどれやら。
kaorinoberry


そしてオイCベリー。ビタミンCが豊富な品種とかで甘い感じはあまりなかったような。
oicberry

大きい実が沢山あるタイプではありませんでした。
oicberry

オイCベリーの花。他の花も撮影しましたが大きな違いなく見えました。
flower

とは言えやっぱりとちおとめ(下の画像)が一番コクがあって美味しかったと2回も味見してしまいました。

tochiotome

20個少々食べてもう満腹。ハウスの中はかなり広々でしたが暖かったわけでもなくどちらかと言えばシンシンと冷えてくるのでイチゴを食べると体が冷えそうな気もしました。
三十分間食べ放題と言ってもそんなに食べれるものでもなく、終了時間前にはハウスを退出。

午前中の時間がたっぷりあるのでその後はすぐ近くにある成田山にお詣り。

成田山新勝寺

雨の降る中、参拝客は絶えないのが成田山のようです。五重塔が雨のせいか鮮やかに見えます。

五重塔

そして家族がうなぎ同好会というネット上のクラブに所属していることもあり、早お昼に参道の鰻店川豊に。まだお昼前でも店内は大混雑。

川豊

通りに面した調理台で生きた鰻を割いていることで有名な超人気店です。

うなぎさばき

お味は醤油濃いめのタレで、ふっくら柔らかな舌触り。美味しくいただきました。
鰻重

食べるのはあっという間ですが、出来上がって出てくるまでは30分少々待ちます。
その間もお客は絶えることなく行列。お昼前で道路行列でしたが私たちは運良くすぐ入れてラッキー。
午後イチには自宅に戻れて近郊観光今回も快適でした。