本日のサンイデー レッスン

本日の渋谷西武でのレッスンはバラエティーに富んでいます。

まずはA4バインダー、ご自身で準備されたリバティー調の柄のプリント紙とジーンズ地のクロスで。
A4binder

プリントはリバーシブル、裏はピンク系の無地だったのを利用して表紙裏に。

open

先月のレッスンで作られ途中だったお薬手帳も完成されお持ちになりましたが、可愛い刺繍のシールをワンポイントで貼られて、素敵な仕上がりです。
medecine book

内側にもシールを。とっても綺麗な仕上がりです。

inside

サンイデーだけで行う布製ミニトレーは手のひらより少し大きいぐらい。ショップで販売しているトレー小サイズを60%縮小したサイズで、1,5mm厚紙で作ります。

tray

トレー裏側を見ていただくと、まるで縫ったような仕上がり。

dietro

下は布製のブック式写真たてとアコーディオン写真たて。トレーと同様の方法でに布でも写真たてが仕上がります。
ショップで販売している作り方付きブック式写真立ての場合は紙で仕上げる場合のサイズの取り方ですが、これもサンイデーだけでお教えしている布で作る特別メニューです。

porta foto

こちらも本日完成したアコーディオン写真たて。ご自身でご用意されたプリントペーパーとクロスでの組み合わせです。

porta foto

マエストロコース上級クラスで行うオーバルBOXです。
二種類のサイズと作り方で、私も時々混乱しますが、想像より意外と手がかかります。

oval box

今回は箱の内側にもクロスでトリミングをして仕上げています。

open


本日も皆様お疲れ様でした。素敵な作品がたくさん仕上がりました。

12月スキルアップ 革に関する基礎知識

しばらく西武サンイデー出品などで体力がすっかり消耗してしまいましたが、何とか快復。12月23日に開催予定の講師のためのスキルアップ講習で皆様に作成していただく作品のモデル作りに没頭していました。

革に関する基礎知識の講義の後、実際に皆様に革で作品を作っていただくのですが、以前は革のシステム手帳作りでしたが、今回は少し立体に。

お道具入れになるケースを革で作っていただこうと、手すきで革漉きをしながらサイズを割り出して見ました。


case

ベースには20.5×15.5cmの楕円を半分にカットしたものを使いました。
合皮用ボンドを使用して、本格的な革製品づくりと同様の仕上げです。

open

イタリー製のルチェルトラの型押し革を使用しましたが、適度にコシがあり、立体作りには最適でした。
この作品、ミシンで縫ってしまえばとても簡単なのですが、カルトナージュにすると作り方を探し出すのがとても難しい。

裁縫箱引出し付き

サンイデーで販売する裁縫箱一点、昨日の準備迄に仕上がらずやっと今日完成。本日持参予定でしたが明日の朝、展示会場でお目にかけられます。

sewing box

ふた式にしました。蓋の中に裁縫中の細かいものを入れるのにちょっとお役に立ちそうです。
仕分け用のミニ箱を一つ入れてあります。
幾つもあると逆に邪魔になるとお裁縫をしている方よりアドバイスを頂き、控えめに。

sewing box 2
材料 麻クロスグリーン スエード調ペッカリー型押しグリーン ウレタンボール

今回麻クロスを材料として多く使いました。丈夫な上意外としなやかで製作する際とても勝手が良いのが特徴です。

サンイデーの展示の横に30×50cmサイズの麻クロスの販売もしています。

10/31より渋谷西武サンイデー文化祭

明日まで10/31(火)より2週間渋谷西武サンイデー 毎年恒例の文化祭が始まります。

講師の作品販売がメインのこの催し、素敵な作品があちこちに少しずつ飾ってあります。

カルタフィオッコはお裁縫箱として使用できるボックス系のケースやペンケースにもなる仕分け用ケース、作り方付きのキット、プリント紙、布クロス麻と一般布クロスをそれぞれ30×50cmサイズの展示販売を行っています。

布クロス・プリント紙も見ないとどんな色かわからないと、お悩みの方は是非見にいらしてください。

展示スペースが小さく限られているので、プリント紙及び布クロス全ての商品の展示は出来ませんので、その点はよろしくご了承下さい。


さて早速ですが、当カルタフィオッコは裁縫箱などをはじめとして手芸をする方が仕分けに便利なボックスを色々つくってみました。

下は8cm四方の立方体でお裁縫道具が少し入って、持ち運びが出来る裁縫箱。柄布地は一昨年イタリーに出かけた際ミラノで購入したエトロの布地です。麻の製本クロスを使用しているのでしっかり出来上がりました。

BOX

ふたを開けると、中が広がり、蓋側にピンクッションを付けました。中にはイタリー製のウール綿を入れてあり、丸い土台には芯として厚紙が入っているので、針が突き抜けないのでご安心を。
4面に高さの違う4種類のポケットを付けたので、色々な仕分けが出来るようになっています。

portable box

そして下のカラフルな布クロスのリボンが可愛いパーツケースは引き出しを開けると細かなパーツが入るよう小さく仕切られていますが、アクセサリーケースとしても十分対応できます。

parts box

最後は仕分けボックス。ペンやメモなど縦にも横にも使えます。

pen stand

それぞれ一点ものですが、価格は以下の通りです。

立方体裁縫箱  税別 4,800円

リボンパーツケース  税別7,000円

フリースタンド    税別 2,300円

以前掲載した赤い蓋のソーイングボックス 税別 9,800円

皆様のご来店をお待ちしております。

10月のアトリエレッスン seconndo corso

昨日 のレッスンは皆様大変集中されていらして、下のダストBOXを完成されたM.M.さんは3点完成。
柄紙と内側用の壁紙はお手持ちのもの。ダストBOXの内側は汚れが拭けるような壁紙がピッタリです。

dust box

様々な手芸を教えていらっしゃるA.S.さんはやまぶき色のクロスを上手に組み合わせて爪付きのお道具箱を完成。黒のエッフェル塔のシールがポイントです。

scatora per materiale

マニッシュなイメージのアンティックの地図柄のプリント紙とのコーディネートですが、黄色のクロスと組み合わせるとやさしい感じになりました。

interiore

先出のM.M.さん2作目はパスポートケース。ノート作りの応用です。初級で習うバインダーとは全く作り方が違い、同じく初級で習うノート作りの基本を応用して作っています。

passport case

開いた内側が明るくお馴染みのカラーコーディネート。カラフルで気分も明るくなります。

aperto

M.M.さん最後は革とスエード調クロスのスナップトレー。偶然にもお好きなカラー材料が見つかりました。製造中止になってしまった青のスエード調クロスの最後の一枚でした。

snap trayrevers

10月のアトリエレッスン 初級編

本日のアトリエレッスンは初心者の方と中級者の方のミックス。お一人で午前午後のレッスンで3作品も作られた方もいらっしゃいます。

渋谷西武の先日のワンデーレッスンを体験され、本日初めてアトリエレッスンにお越しのFさんの作品。オットチェントのプリントペーパーは1800年代にヨーロッパで流行った花柄。そしてローズの布クロスの組み合わせでとても可愛いらしい写真たてが完成。

3hole frame

福島からお越しのYさんは今回二回目のレッスン。布のご経験が豊富なので、製図も手際良くあっという間に二作品 ブック式写真たてとA4バインダーが仕上がりました。

photo frame



binder


麻のクロスとレオーネグランデ赤のプリント紙の組み合わせが大人っぽい仕上がりでいかにもイタリー風の A4バインダー。
内側の赤のマーメイド紙がアクセントになっています。


interiore
カテゴリー:primo corso講習作品集

10月のアトリエレッスン

先週の土曜日、そして台風の日曜日午前中迄熱心な生徒さん方がアトリエにいらしてくださり今月も楽しくレッスンを行っています。

N.T.さんの作品はシステム手帳。午前中で見事完成しました。隠しマグネットを埋め込んだり、システム手帳金具を付けたり、ペンホルダーのカシメ装着など、細かい作業がたくさんありましたが、手際よく仕上げられました。午後には二段式の裁縫箱の準備で、来月の完成が楽しみです。

system file

システム手帳を開けるとカードホルダーに、色違いの革のペンホルダーがアクセントになっています。

open the file

今月3作目の作品となったA.T.さんの楕円の箱。二種類ありますが、色々な作り方があるので、それを二種類の違う大きさでそれぞれに習得していただいています。

oval box

可愛い箱なのでご自宅でたっぷり復習してくださるとのこと。


oval box open


今月のA.T.さん2作目の作品は革を使用したスナップトレー。ご自宅で復習してきてくださり、2作品のお披露目です。カラフルな革とスエード調クロスの組み合わせで
華やかな仕上がりです。

snap tray

革の感触がすっかり気に入られて、私も少し刺激を受けました。20代の頃革をすいたり、ミシンで縫ってハンドバッグ作りに夢中になっていましたが、中途半端なものは作れないので改めてもう少し簡単に革で出来るアイテムを探してみたいと思います。

revers

ディプロマ授与 その2

昨日閑静な丸の内の一角、ちょうど雨も上がったころ、ディプロマ授与無事に修了致しました。

restaurant

レストランのサービスで今回もイタリア語でおめでとうAuguriのお祝いプレート。

auguri

毎回ではありますが、デザート前に記念撮影サービスもして頂き、記念のお写真もその場でいただきました。

ensembrre
カテゴリー:イベント情報

ディプロマ授与

本日はこの秋試験に合格してディプロマを取得された方々の恒例のディプロマ授与ランチです。
イタリーでオーダーしたディプロマ証にカリグラフィーギルドの重鎮の先生にお名前や日付を書いていただいた本格的なもの。
記されている内容もイタリー在住時会社の秘書の方にイタリー語の正式な文章を習ってオーダー。
印刷文字のロゴも全てイタリーで正式な文書で使用されるものと、こだわりにこだわっています。


diploma

併せて全てのコースを修められた修了書も差し上げています。

diploma

長い間レッスンに励んでいただき、見事にテクニックを習得され私も嬉しい限りです。こだわりのある当方のレッスンですが、今後もプロのこだわりにより近づけるよう、私自身もチャレンジを続けていきます。

渋谷西武サンイデー

昨日のサンイデーレッスン続きで、こちらは中級 セコンドコルソの作品を作っていらっしゃる方をまとめてみました。

フリーレッスンで受講されているM.T.さんの作品は開閉式の蓋がついたソーイングボックス。ソーイング柄のプリントペーパーピンクのクロスを合わせてかわいらしく。

Sewing box

内側は二段でスライド式に上の箱が動きます。ピンクのドット柄とのアソートが益々可愛らしくなりました。

Sewing box open

年内にすべてのアトリエ課題終了を目標にされているフリーレッスンM.M.さんはいつも通りのコーディネートで麻クロスナチュラルレッテラピッコロ柄、アクセントにオレンジを入れてA4サイズのファイルケースを完成。
通常2レッスンかかるところを、いつもの超スピード(三倍速だそうですが)にてワンレッスンで完成。

A4 file box

内側はファイルが落ちないように簡易ボックス状になっています。

open the file

次の作品は折りたたみ式二種を学ぶレッスンで、一つ目はウレタン付折りたたみ六角ボックス

Hex box

ちょっと面倒な方法をなさってくださり、折りたたむ部分のサイドに麻クロスをフレーム上に付けていただきました。また折りたたむ溝のカラーがプリントペーパーに合わせて3色使いと凝りに凝っています。(はっきり見えないのがちょっと残念)

piegato