HOME > 材料の扱い方 > カルトナージュ金具 フェルマエラスティコの使い方
<< つむぎの着物地で作るノート | main |

カルトナージュ金具 フェルマエラスティコの使い方

本日は最近販売し始めたフェルマエラスティコの使い方を説明します。

ファイルケースを作った際、ゴム止めで表紙を止めるととてもおしゃれな仕上がりになります。
A4サイズ以上の大きめの表紙止めには丸ゴムを使用する方が耐久性があります。ノートなどのA4サイズより小さいものは平ゴムで十分対応できます。

丸ゴム
を使用した際にはハトメの穴にゴムを挟んで仕上げるのはゴムの厚みがある為なかなか大変です。そんな時に利用するのがフェルマエラスティコです。

イタリア語でフェルマは止めるという意味があり、エラスティコは日本でいうゴムのことを指します。直訳すると「ゴム止め」の意となります。



Ferma elasticoFerma elastico


作業するにあたり必要なものは、ペンチと以下の写真の丸ゴム・フェルマエラスティコ・ハトメ
ハトメ装着の作業に必要なものは4个侶螻けハトメ打ち台打ち棒セット


How to use

まずフェルマエラスティコのコの字に開いた金具にピッタリ収まるよう丸ゴムを挟みます。挟むときの方角を間違えないように、中央にゴムが出てくるよう置いてください。

Inserire gomma

ペンチの先で垂直に伸びている金具を片側ずつ直角に折るようにゴムをしっかり挟みます。下はちょうど片側を直角に挟んだところ。奥に垂直に立っているもう一つの金具を、この折った上に重ねて直角に曲げてゴムが動かないようにしっかり抑え込みます。

Pinzare

下は垂直に立っていた金具を͡コの字にに折りたたんだところです。

Spingere

ゴムが中央で立ち上がるように、今度は先がとがった方の金具を同じように折りたたんでいきます。金具そのものはとても柔らかいので、すぐに折れ曲がります。ハトメの穴に入れやすいように先を尖らして曲げていくと、ちょうど三角形のような形に仕上がります。

Finire

これで、ゴムが穴から抜けて出てくることなく三角形部分がストッパーとなって仕上がりました。

完成

端からはみ出ているゴムをカットして、今度はハトメを装着して丸ゴムが通せるようします。

ハトメ

4个侶蠅△韻之蠅鬚△韻燭蕁▲魯肇瓩竜咾猟垢い曚Δ表側になるように装着します。装着方法はこのページ右側のカテゴリー欄、道具の使い方に掲載されています。

ハトメ通し

こうして無事完成です。販売しているハトメのサイズは、このフェルマエラスティコに合ったサイズです。ハトメ打ち台打ち棒もこのハトメのサイズにだけ対応します。文具で使用する極一般的なサイズとなります。